2010.12.28 似顔絵看板のコンパクト化とハードケース作り?

どもども、野中です。
前回に引き続きハードケース作り、3回目です。
今回はとりあえず仮組み、塗装準備までです。 
 
木材をすべてベニヤにボンド付けし
側面が浮かないように上におもしをのせました。

(こんな重しじゃ何だか頼りないのでガンタッカーで とめました)

ボンド乾燥後、ガンタッカーの針を引き抜きます。
 

やっぱり抑えるのが甘かったのか
垂木との間に隙間ができてしまいました。。。
 
 
 
 
 
しかも 
箱と箱を組み合わせても微妙なズレができてしまってます。
   
 
う ん、これを治すのは厄介だぞ。。。
 
とりあえず腐っていても仕方ないので
隙間にパテを埋めて処理します。 
 

 
 
そのあとはひたすら研磨研磨研磨
 
小学生の頃はやすりで磨くのが好きだったのですが。
(最近は作りたいものが先走りこの作業が少し苦手になりました。)

 
凹凸がほどほどになったらサーフェーサーで下地処理をします。 

 
  
 
考えてみれば二つの箱を作って
それらを蝶番とパッチン錠で止めるという作り方よりも
二つ合わせたサイズの木箱を作って
それをのこぎりで二つに割ってから
蝶番とパッチン錠で開閉可能にするという作り方の方が
綺麗に作れたんじゃあないかなとこの時点で反省してます。

次回箱を作るときはそうしよう。 
 
  
似顔絵看板のコンパクト化とハードケース作り
http://www.studio-mn.jp/news/post_2274/

似顔絵看板のコンパクト化とハードケース作り  
http://www.studio-mn.jp/news/post_2288/ 
 
:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:- 
おえかきやさんは1月1日から出動します!
 
2011年1月1日
イーアスつくば
 
1月2日
イーアスつくば
 
1月3日
潮来市 La・La・Lu 

です。  
 
お近くの方!是非!
 
野中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

back to top