2011.01.29 少女ファイト

どもども、作りこまれたものにときめきを覚えずにはいられない男、野中です。
 
毎度おなじみになってきました。土曜日はおすすめ漫画を紹介します。 
 
引き込まれる漫画の条件として世界観というものをどこまで作りこんでいるかという所をあげることができますよね。そしてその世界観の作りこみというものは作品の屋台骨となってきます。
というか、漫画内にあるのはそもそも別世界なので細かなところをとって顕微鏡をのぞいてもきちんと説明のつく世界が存在しなければならないわけです。
 
っというわけで今日は作りこみが激しい漫画、これです。 
 
 
 
 
「少女ファイト」
 
まず、見どころとして、この日本橋ヨヲコ先生の描く線をあげます。
抑揚があって美しい線、きちんとしたパースの取り方、ストーリーを取っ払ってイラストとしてみても非常に完成度の高い一冊です。
 
続いて表紙裏のイラスト。
カバーを外してみても2度楽しめます。
単色なのにここまで色を感じる配色は素晴らしいです。 
 
その他巻末の設定資料。
キーポイントになるアイテムだけでなく、その世界に出てくる雑貨までも設定があります。 
 
そして何よりも前作とのリンク。
日本橋ヨヲコ先生の作品、G戦場ヘヴンズドアで登場していたキャラクター、その延長上のストーリが作中に盛り込まれています。
しかもバランスが崩れないような絶妙な登場の仕方です。
前作の主人公、漫画家の堺田町蔵の描く漫画「エドガワ排球団」が作中の週刊誌の連載だったり、
前作ヒロインの娘の長谷川の性格等も前作との関連があっての性格となっています。
 
プロットがしっかり組まれていると言いますか、
前作抜きでも楽しめますし、前作を知っているとより一層深く楽しめます。 
 

絵がきれいでも内容はあまりガーリーなものではなく、
スポ魂好きな方にお勧めの漫画です。 
 
 

:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:- 

 おえかきやさんは週末描きまくります!

1月29日
ヒルズスィーツ宇都宮に甲斐
エヴァウィン小山にシュガー
ディアステージつくばに野中
 
1月30日
モアフィール宇都宮に甲斐
吉川市逸品朝市 に犬と野中
 
です。 
お近くの方!是非!

野中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

back to top